精密な調査と正確な工事
そして、充実したアフターフォロー

外壁・外装工事
EXTERIOR WORK

外壁工事とは

外壁・外装工事とは家の外壁や屋根をメンテナンス、修繕する工事の総称のことです。
新築の場合、最初の頃は外壁だけではなく屋根など何もかもが新しく外観もきれいです。 ですが長年にわたって住んだり使用していると、経年劣化や雨風、紫外線などの影響によって外壁や屋根にひび割れが入ったり色が褪せてきたり欠けてきたりします。 外壁としての性能や機能の低下を防ぎ、また建物の外観をきれいに保ち雨水の侵入などを防ぐなど、建物を長持ちさせるためにも定期的なメンテナンスは非常に重要になります。 そのためにも外壁工事は大切な工事となってきます。

外壁工事の必要性

外壁・外装工事は、家の保護や耐久性の維持の観点から必要な工事だといえます。 家の中は過ごしやすさに直結するため劣化が進むと気になりがちですが、 外観は多少汚れても過ごしやすさとは関係がないためつい放置してしまう人もいるかもしれません。 しかし、外壁や屋根があることで外の気候・天気に関係なく家の中で快適に生活をすることができます。 また、外壁や外装は遮熱や断熱の役割もしてくれますが、 その性能は外壁や屋根の素材や対策によるところが大きな割合をしめています。 建物の中の冷暖房が効くか効かないかは意外にも外壁や屋根・窓や床にかかっている部分が多く、 その中でも直接、外に接している外壁・屋根は最も大きい面積部分になるので光熱費にもかかわってきます。 汚れやすい箇所であることから、定期的なメンテナンスを行うことが大切です。 見た目はもちろん、劣化が進むと雨漏りなどの深刻な状態に陥ることもあるため早めに対応するようにしましょう。

外壁・外装工事の必要性
OF CONSTRUCTION NECESSITY

  • 美観の維持

    新築のときは外壁も屋根も新しく汚れや色あせもないため、とてもきれいな外観をしています。 ですが年数が経つにつれ、少しずつ色が褪せてきたり次第に汚れが目立つようになってしまいます。 特に外壁は人目に触れやすいため、ひび割れなど位置によっては非常に目立ってしまいます。 白やアイボリー系など薄い色の外壁などの場合は、コケなどがはえたり汚れが目立つことによって、建物全体がみすぼらしく見えてしまう可能性もあります。 またサイディング張りの場合、目地部分にシーリング材を使用していますがそのシーリング材が汚れてたり劣化していても目立ってしまいます。 そのようなときに外壁工事を行うことによって外観の美しさを維持することができます。

  • 防水性能の維持向上

    外壁 ・屋根の大きな役割として、雨風をしっかりと防ぐというものもあります。 建物内での快適な生活空間を維持するためには、当然ですが雨風を防がなくてはいけません。 そのためには、直接、雨風にさらされる外壁や屋根そのものが強い防水機能を持っていることが必要となってきます。 新築の時には強い防水機能を持っていても年数が経つにつれ弱まってきてしまいます。 雨漏りしている原因は屋根だと思って調べてみたら、じつは外壁にヒビが入っていてそこから雨水が浸透していた、ということもあります。 またサイディング張りの外壁の場合、目地部分のシーリング材が劣化しているとそこから雨水などが侵入して内部が腐食してしまうこともあります。 このように、外壁・外装工事は快適な生活空間を維持するためにも必要な工事となるのです。

外壁・外装工事の目安
OF CONSTRUCTION GUIDELINE

  • タイミング

    新築時の外壁にも塗装は施されていますが、グレードの低い塗料が使われていることがあります。そのため、2度目以降の塗り替えよりも、初めての塗り替えの方が短いスパンで行わなければなりません。外壁材や塗料の種類にもよりますが、一般的に5~10年を目安に塗装を検討したいものです。家を建ててから5年で塗装というのは早いように感じられるかもしれませんが、外壁の機能が衰えたまま放置しておくと家自体の劣化にもつながってしまいます。できるだけ早めにメンテナンスを行うことをおすすめします。

  • 劣化の症状

    外壁は年数が経つと、さまざまな劣化の症状が現れてきます。劣化の初期症状として、色褪せや変色が見られることがあります。塗料を塗って乾くと塗膜という膜が張りますが、紫外線を受けることで塗膜が劣化してしまいます。これによって色褪せや変色が起こってしまいます。同じ理由から、塗料に含まれる顔料が白い粉状になって表面に出てくることをチョーキング現象といいます。外壁を触ったときにチョークのような粉が手に付いたら注意が必要です。これらの症状はまだすぐに塗装が必要というわけではありませんが、放置することで更なる劣化につながりかねません。 色褪せや変色、チョーキング現象を放っておくと、外壁がひび割れてしまうことも。0.3mm以下のヘアークラックであれば塗膜の劣化によるものかもしれませんが、それ以上幅の広いひび割れが見られた場合は構造部分までひび割れが進んでいることも考えられます。ひび割れを発見したときは、雨漏りなどが起こる前に早めに対策を行うようにしましょう。

PAGE TOP