精密な調査と正確な工事
そして、充実したアフターフォロー

内装工事
INTERIOR WORK

内装工事とは

建物の建築工事の中で、内装工事は室内の仕上げをするものをいいます。 住宅やビル、商業施設などの出来栄えを左右するのは、内装工事にかかっているともいえます。 具体的には、間仕切り壁や二重天井をつくる鋼製下地組立やボード張りの工事、床・壁・天井の仕上げ工事、木製建具工事、家具工事、防音工事などを指します。 店舗の場合は、水道や電気、ガスなどの設備工事までを含んで、内装工事と呼ぶこともあります。

主な内装工事の種類
TYPES OF INTERIOR WORK

・軽鉄工事(鋼製下地組立)
間仕切り壁や二重天井の骨組みとなる軽量鉄骨(LGS)を組み立てる工事です。

・ボード工事(ボード張り)
木製や軽量鉄骨(LGS)の下地の上に石膏ボードなどを張ります。

・クロス工事
石膏ボードや構造用合板、コンクリートなどの上に壁紙を貼ります。紙壁紙など薄い壁紙を貼る際には、壁の凹凸である不陸を拾ってしまいやすいため、下地を調整して平らな状態で貼るには技術が必要です。

・塗装工事
壁や天井、建具などに塗装を施します。材質に合わせて下地や塗料を選定し、下地処理を行った後、内装はローラーやハケを用いて塗装を行っていきます。

・左官工事
土間打ちやモルタル施工も左官工事に含まれますが、内装工事の左官工事は、漆喰や珪藻土などの自然素材や、アクリル系塗り壁材などを主にコテで仕上げていくもの。職人の技量が仕上がりを大きく左右します。

・床仕上げ工事
フローリングやクッションフロア、カーペット、Pタイルなどの床材を張り込んでいきます。墨出しをして、材料をカットし、仮置きした後に張っていきますが、必要に応じて下工事として床の高さの調整を行うこともあります。

・木製建具工事
木製建具であるドアや引き戸、襖、障子などを設置する工事です。最近は既製品が使われることが多いですが、製作から行われることもあります。

・家具工事
家具工事は現場の寸法に合わせて家具工場や木工所で造作家具を製作し、設置する工事です。

店舗の内装工事について
ABOUT STORE INTERIOR WORK

店舗の内装を請け負う会社は主に種類に以下の3つに分類できます。
①デザインや内装設計だけを行うインテリアデザイン会社や設計事務所
②内装工事会社には設計から施工までをトータルで担う設計施工会社
③工事だけを行う施工会社

インテリアデザイン会社や設計事務所は、デザインやレイアウトを計画する設計業務と設計図通りに施工されているかチェックする設計監理業務を行います。 店舗オーナーは、施工を別の会社に依頼する形になります。デザイン料が別途になるため割高になりやすく、図面の完成後に工事会社を探すことになるため時間も要します。
設計施工会社は、設計から施工までをトータルで行うため効率のよい打合せやコストを踏まえたデザイン提案も期待できるため費用を抑えやすいです。
施工会社は現場対応力はあるものの、店舗デザインから依頼するのには不向きです。

当社では、デザイン・設計から施工まで一貫して対応しています。

PAGE TOP